カテゴリー:既卒の就職活動

就職活動を始めるタイミングは

準備が整ったらそれが始めるタイミング  既卒が就職活動をしたいと考えるのならそのタイミングは準備が整った時です。

詳細を見る

既卒の市場価値とは

企業によっても評価は違うが  基本的に既卒は社会的に見ると就職としては不利な立場であると見られます。

詳細を見る

既卒で就職をする意味

「何となく」では就職できない  既卒の方でも何か思うことがあって就職をしたいと感じて就職活動を始めた方もいるでしょう。

詳細を見る

面接で言うべきじゃない内容とは?

 既卒の就職活動で面接に臨んだとき、言ってはいけない回答がいくつかあります。それは「御社に入社したらスキルアップできると思ったから」「以前からあこがれていた業界だったから」「御社の社風に惹かれたから」などです。

詳細を見る

やる気を表現するためのポイント

 既卒の就職活動を行う際、まず目指すのは書類選考を突破して、面接に駒を進めることです。そのためには、応募書類を見て、「この人物には会ってみたい」と思わせる、意欲と熱意を伝えなければなりません。

詳細を見る

求人情報媒体はどれを使うべきか?

求人情報の探し方  既卒の就職活動では、出身大学に届く求人に応募できないケースもありますので、求人情報の探し方を知っておくのがベストです。

詳細を見る

面接に備えるための3つの対策

自分のアピールポイントを分析  既卒の就職活動では、応募書類の準備や面接に関して、きめ細かくサポートしてくれるひとが身近にいないものです。

詳細を見る

若者向け就職支援とは

 既卒に限らず、ニートやフリーターといった非正規雇用者の就職を支援するために、国はさまざまな若者向けのステップアッププログラムを用意しています。

詳細を見る

履歴書から良い印象を持ってもらうには?

a0002_011006

 既卒が第二新卒や転職組とともに就活を行う場合、職務経歴書を作成するだけのキャリアがないことが、不利に働くことがあります。それを跳ね返すためには、履歴書で差をつけるしかありません。

詳細を見る

企業研究は本当に必要?

gf1310256106l

 既卒で就職活動をしているひとすべてが、きちんと企業研究をしているわけではないと思います。ですが、本気で内定したいと考えるなら、企業研究は絶対に必要です。

詳細を見る
ページ上部へ戻る