面接で逆質問は何を聞いたらいいか

基本は「自分が働くことになったら」ということについて

 逆質問は面接の最後に促されるこちらが質問者になって企業に質問する場面です。

 ここが最後のアピールポイントにして他の立場の人と差を埋めるためのチャンスでもあります。基本的に聞いてはいけないのは調べれば簡単に分かることと自分の雇用条件に深く突っ込んだことです。

 逆に聞くといいのは「自分が働くことになったら」系統の質問となります。そのような質問をすれば働く意欲があると見せることができるからです。
 

場合によっては色々な質問をしてみるのも…

 もしここまでの面接で上手い受け答えができなかった場合には残念ながら採用されるのは絶望的といっていいでしょう。そうした時に最後の質問を促されたのであればこの際には色々と質問をしてみましょう。

 というのもどうせもう駄目であれば、こうしたところで様々な質問をしてみてそれによって企業側がどういう返答をしてくるかを見れば、今後の別のところへ面接に行った際にどのような質問が効果的に興味を惹き付けることができるのか調べることができるからです。

 もちろん採用されそうな面接でこのようなことをすると蛇足になって逆に危険ではありますが、このように失敗しそうな面接でも「試す」ことで今後の面接に繋げることができるということです。
 
 
>>関連記事

  • 自己紹介の仕方は
  • 面接前に服装は大丈夫か
  • 面接後に送るお礼状のルールと、お礼状が必要である根拠
  • これを面接官に尋ねてみよう!面接時に確認しておくことで更なる企業研究を

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る