自己紹介の仕方は

盛り込む内容

 面接において自己紹介は「自分の情報を如何に相手に伝えられるか」を見るためのものです。現にこの自己紹介での内容次第で面接も進んでいくことになるからです。

 名前を始めとして語っていくことになりますが、当然のことながらそのまま簡単に自己紹介したところでそれはそれで終わってしまいます。最初に答える質問であるため、ここからどうにか相手に興味を惹かせるようにしなければいけません。

 既卒の場合にはまだ正式な仕事の経験はありませんが、バイトやパートの経験はあるはずです。また資格や免許も取得しているのであればそれらを自己紹介の内容に盛り込んだ方がいいでしょう。

 「それは自己PRの時では」と思うかもしれませんが、自己PRは自分のアピールポイントであるため、この自己紹介で事前に簡単な紹介をしておき、それで自己PRで詳細に語るということができるからです。
 

人前で自己紹介をする

 バイトやパートで面接しに行っているのであれば人前に向かって自分の自己紹介をするのは大丈夫だと思いますが、それでも今回は正式な就職面接ということで中々緊張して上手く話せないという人も多いでしょう。

 そのために面接前に自分で発声練習をしておきましょう。そうすれば少しは緊張をしていても声に出せるようになるはずです。
 
 
>>関連記事

  • 面接で逆質問は何を聞いたらいいか
  • 面接前に服装は大丈夫か
  • 面接後に送るお礼状のルールと、お礼状が必要である根拠
  • これを面接官に尋ねてみよう!面接時に確認しておくことで更なる企業研究を

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る