求人情報媒体はどれを使うべきか?

求人情報の探し方

 既卒の就職活動では、出身大学に届く求人に応募できないケースもありますので、求人情報の探し方を知っておくのがベストです。既卒者の求人情報の探し方としては、新卒者向けの就活サイト、転職サイト、転職エージェントの活用のほか、求人情報誌や新聞の求人欄をチェックする、企業のホームページの採用情報をこまめに見るなどの方法があります。

 また、若者ハローワークやジョブカフェ、地域若者サポートステーションといった行政機関の利用も、一つの方法です。効率よく、条件にあった求人を探すという意味では、新卒サイト、転職サイト、転職エージェントを活用するのが一番です。

 そこで次章では、この3つのメリットとデメリットをまとめてみましょう。 

それぞれの求人媒体のメリットデメリット

 国では卒後3年以内の既卒者を、新卒採用として扱うように指導していますので、新卒者向けの就活サイトを利用することができます。
 新卒者向けの就活サイトを活用するメリットは、職務経験がなくても応募できる求人がたくさんあることでしょう。
 デメリットとしては、既卒者の応募ができない求人も多いことがあげられます。

 転職サイトを活用するメリットは、取り扱っている求人数が膨大だということです。
 学歴不問や未経験者OKの求人が多いので、希望の条件に合った求人が検索しやすいのです。
 ですが、転職者と競い合うことになるので、職務経験のない既卒者が不利になる求人も多いというデメリットがあります。

 転職エージェントは、非公開求人や独占求人といった、一般の転職サイトではお目にかかれないような優良な求人ばかりを取り扱っているのが特徴です。
 登録すると、専任のキャリアコンサルタントのカウンセリングを無料で受けることができ、さまざまな形で個別サポートが受けられるのがメリットです。
 ですが、基本的にキャリア採用が前提なので、既卒者がすぐにマッチングする求人に出会う確率は低いというデメリットがあります。

用途に合わせて、使い分けよう!

 このように、求人媒体はいろいろありますが、それぞれ一長一短があるものです。どれか一つの方法に固執するのではなく、複数の媒体を使い分けることで、一つでも多くの求人情報を収集できる環境を整えておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る