既卒の就職~試用期間~

試用期間の意味

 試用期間とは、企業が労働者に対し、長期雇用を前提に、会社や職種への適性や働きぶりを観察し、正規雇用するか否かをジャッジするために設けられています。とはいえ、労働基準法上は試用期間を設けることは義務付けられてはいません。

 この試用期間中に、労働者の勤務態度や出勤率に問題があるなど、本採用しがたい事由がある場合、試用期間満了時に正規雇用をしない旨を通達し、解雇することができます。その際、入社後14日であれば企業の裁量で解雇できますが、それを超えると、解雇日の30日前に予告をするか、30日分の平均賃金を解雇予告金として支払うかを、企業が選択しなければなりません。

 実際には、試用期間中の解雇は、本採用後の解雇より、企業側の裁量の幅が広く認められていることは、覚えておきましょう。

試用期間の目安と延長

 試用期間について、労働基準法での規制がないので、企業の自由意思により決定しています。一般的には、2~6カ月である企業がほとんどです。とはいえ、解雇の事由が正社員より広い試用期間が長くなることは、労働者に不利益なので、合理的な理由なしに長期で設定することは、認められていません。

 一方で、企業が試用期間を延長することも可能です。試用期間の延長が認められるのは、就業規則に「試用期間を延長することがある」という文言があること、本人が試用期間の延長を認めていること、延長の必要性に合理的な理由があることとなっています。

 自分の勤務態度や職種への適性、スキルに問題がある場合には、延長を受け入れざるをえないこともあります。特に未経験職種へのキャリアチェンジの場合、自分の勤務態度や出勤率、仕事への取り組み姿勢などもチェックされますので、注意しましょう。

>>関連記事

  • 入社の際に内定の辞退をする場合には
  • 入社契約書の見方を覚えよう
  • 既卒でする業界予習



  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る