既卒の就職活動の流れ

 もし就職に失敗してしまったのであれば、その失敗を繰り返さないために、正しい就職活動を頭に叩き込んでおきましょう。

 そしてこれは、就職活動というものを一度もしたことがない人にも有効に働きます。要は、就職活動というものは決まった形があり、それに沿えば怖いものではないということなのです。

就職活動準備は入念に

 「就職は厳しいものである」と、前もってわかっていれば準備も入念になるのではないでしょうか。この入念さがきっと良い道へとあなたを誘います。

 頭の切り替えと心の入れ替え、もしかしたら、これが就職活動で一番やらなければならないことなのかもしれません。

>>関連記事

  • 既卒で就職をする意味
  • 既卒の市場価値とは
  • 就職活動を始めるタイミングは

  • 求人情報の集め方

     就活で失敗しないためには、求人情報の集め方がポイントとなってくるでしょう。

     あなたは何のために就職するのですか?その答えと合致する求人を集めなければなりませんが、それに繋がるのが、ネットというツール。就職説明会などの情報もネットを活用してキャッチしましょう。

    >>関連記事

  • 既卒で利用すべき求人媒体は
  • 求人で見るべきポイントは
  • 既卒でスカウト機能はどうなのか

  • 応募書類で自分を知ってもらう

     履歴書などの類いもネットを使ってそのフォーマットと要所を知っておくといいでしょう。

     でもそのフォーマットと寸分の違いがないものだと、「応用力がない」と企業側に判断されてしまいかねません。気にしたいのは、あくまでも「自分を知ってもらうこと」なのです。

    >>関連記事

  • 既卒の履歴書で見られるポイントは
  • 履歴書を書く場合にはどれを使うべきか
  • 履歴書に書く学歴の欄

  • 面接の質問を予想し回答を用意

     面接もマニュアル通りになってしまうのは避けたいですね。そうした姿を面接の担当者は飽きるほど見てきています。

     ここも応用力がポイント。あなたからしか出てこない回答、でも、それが企業の求めるものから逸脱していない。ここを守れば面接は怖くありません。

    >>関連記事

  • 自己紹介の仕方は
  • 面接で逆質問は何を聞いたらいいか
  • 面接前に服装は大丈夫か
  • 面接後に送るお礼状のルールと、お礼状が必要である根拠
  • これを面接官に尋ねてみよう!面接時に確認しておくことで更なる企業研究を

  • 全力で入社準備をしよう

     転職者と違い退職準備がないだけ楽なのかもしれません。でも楽をするのではなく、その余力も入社準備に注ぐようにしましょう。

     社会との繋がりにブランクがあったとしても言い訳にはなりません。指差し確認のように全ての入社準備を完璧にこなす、これが社会人としての姿なのです。

    >>関連記事

  • 入社の際に内定の辞退をする場合には
  • 入社契約書の見方を覚えよう
  • 既卒でする業界予習
  • 既卒の就職~試用期間~



  • ページ上部へ戻る