既卒の市場価値とは

企業によっても評価は違うが

 基本的に既卒は社会的に見ると就職としては不利な立場であると見られます。

 というのも既卒は市場価値としては企業によっても変わってきて、場所によってはフリーターやニートのように扱うところもあれば、転職者のように扱うところもあります。

 どちらにせよ新卒等に比べれば市場価値としては相応のものが求められる立場であるというのは変わりありません。

 そのために既卒は就職のために一定のスキルを身につける必要があるともいえます。やはり資格があるかないかで価値というのは変わってくるのです。
 

企業によって変わってくるからこそ

 最も企業によって既卒の人間をどう見るか変わってくるというのは逆に諦めずに活動していれば自分を採ってくれるところが見つかるということでもあります。

 現にその企業が既卒のことをどう思うかというのは選考や面接にならなければ分かりません。そのためにも複数の企業で駄目だとしても諦めずに活動しましょう。

 もちろんある程度の資格を求めるということもあるため、スキルに不安がある場合には自分の市場価値を上げるためにそちらの取得に専念した方がいいでしょう。

 もちろんその取得も自分なりに何を取得するか考えて決めてください。
 
 
>>関連記事

  • 既卒で就職をする意味
  • 就職活動を始めるタイミングは

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る