履歴書に書く学歴の欄

基本的に基本どおりに最初から全て書く

 既卒と一言でいっても大学中退した方もいれば、卒業した方もいるはずです。どちらにせよ基本的には中学卒業から最終学歴まで書いてしまいましょう。

 中退してしまった方は書くのに苦しさを感じると思いますがここで書かなければ詐称になってしまうからです。

 また、既卒の方でも人によっては再び別の大学に入学したり、海外に留学したことがあるという方もいるでしょう。その場合にはそれも含めて全て書きましょう。

 そのためには自分がどういう学歴を辿ったかをあらためて確認しておくのを忘れないようにしましょう。
 

職歴とどちらが大事か

 しかし既卒となるとバイトを多数経験してそれで職歴のスペースが足りなくなるという人もいるでしょう。

 その場合には学歴とどちらを取った方がいいか悩む方がいるかもしれませんが、基本的には学歴を削った方がいいでしょう。

 中学と高校であれば大学中退か卒業の情報があれば必要ないことが多いからです。ただ職歴のバイトの方も本当に自分の実になったものを書くようにしましょう。

 無駄な水増しは逆に相手への印象を悪くするからです。その双方のバランスのことも考えて書いていきましょう。
 
 
>>関連記事

  • 既卒の履歴書で見られるポイントは
  • 履歴書を書く場合にはどれを使うべきか

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る