上がり症を自覚するひとがもっとリラックスして面接を受けるために・・・

上がり症にひそかに悩む人は決して少なくありません。日本社会においては過不足なく楽しく会話できる能力がかなり重視されるので、逆に“失敗してしまうとまずい・・・変なことを言ってしまったらどうしよう・・・?!”と緊張するシーンが続くとつかれきってしまいます。既卒で仕事を探している人も、悩んでる人はいるのでは?!

上がり症をクリアできるおまじないを1個作ろう!

てのひらに「人」という文字を書いて飲み込む・・・こうすることで心の平静が取り戻せるというおまじないもあります。自分なりのガッツポーズを決めて、上がりそうになったらこっそりそのガッツポーズをすることで、無意識下にある自分のストレスを払うことができるでしょう。

病院にも行ってみる。

上がり症は性格的なものであって日本人には珍しくありません。しかし上がり症がひどくてどうも面接はうまくいかないのではないか・・・と感じている既卒の就職希望者の場合なら、病院へ相談してみるののも手でしょう。上がり症だとばかり思っていたら、“社会不安障害”など別の症状が隠れていた・・・ということもありえます。薬に頼るというのではなく、自分の心の過剰な動きについて専門家に相談してみるとよいでしょう。

面接の前は予行演習をする

転職エージェントで模擬面接を受けてもいいのですが、自分ひとりででも予行演習はできるでしょう。志望動機について実際に声に出して模範解答を言ってみるとか、いろいろ手はあるはず。一度体験したことがあるのなら、上がり症の人でもずっと落ち着いて対応ができるでしょう。面接の始まる前に採用担当に向かって「自分は上がり症なものですから」と一言断ってみてもいいでしょ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る