やる気を表現するためのポイント

 既卒の就職活動を行う際、まず目指すのは書類選考を突破して、面接に駒を進めることです。そのためには、応募書類を見て、「この人物には会ってみたい」と思わせる、意欲と熱意を伝えなければなりません。

 そこで既卒者が応募書類でやる気を表現するためのポイントはまず、やる気を見せるためには、履歴書や添え状を手書きすることです。志望動機と自己PR文に企業が求める人物像と自分がマッチすると考える点や、その企業のどこに興味を持ったのか、入社後はどのように働きたいのかを、しっかり盛り込むことが大事です。

 「御社の求人票やホームページを見せていただき、○○という事業に興味を持ちました」「御社の○○という企業理念に共感し、ここでなら、自分も成長しながら、組織にも貢献できる仕事が目指せると考えました」など、必ず応募企業に即した表現を盛り込むようにしましょう。

避けるべき文言やアピールとは?

 既卒が履歴書の書き方で避けるべき文言は、使いまわしができるあたりさわりのない表現です。
 例えば、志望動機欄に「御社の業務内容に興味を持ち、働かせていただきたいと思いました」という表現の中には、その企業のどこに惹かれたかという具体例が含まれていません。
 また、「採用していただければ、どんな仕事でもやります」というのも働くことに対して主体的な印象は受けません。

 企業の採用担当者はたくさん届く応募書類の中から、面接まで進める求職者をふるいにかけます。企業が欲しいのは「自社に入社し、一生懸命働こう」という意思がある人材だからです。

 正社員になれればどこでも構わないという気持ちで、応募書類を使いまわしているようでは面接には進めないと心得ておきましょう。

自分の言葉で語ろう!

 就活サイトをみれば、履歴書や添え状の書き方や、テンプレートがたくさんあります。無料でダウンロードできるので、活用するのもよいでしょう。

 ですが、マニュアル通りの文言しか並んでいない履歴書に、熱意は感じられるわけがありません。履歴書はあなたのプロフィールを伝える大切な書類です。自分の言葉で、誠実に語ることを常に意識しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る