これを面接官に尋ねてみよう!面接時に確認しておくことで更なる企業研究を

その会社で働くことの意味

 面接時に面接官に何かを尋ね確認しておくという行為は、言ってみれば企業研究のようなもの。面接前に研究していた企業のこととは違い、その会社の一員である人間に直接問うことでしかわからないこともあるのです。面接はそれを確かめるための機会だと思っておくべきでしょう。

 その会社で働くことは、面接官にとってどのような意味や意義があるのか、これについて確認してみてはどうでしょうか。核心を突いてしまうのです。明確に、そしてスムーズにそれを言ってくれれば、「その会社に応募してよかった」と思えるでしょうし、入社する企業をいい加減には選べないという気持ちも伝えることができるはずです。

採用に失敗したことは?

 面接官は、採用に何かしらの形で携わっている人です。人事の責任者かもしれません。その人がこれまで採用に失敗した経験はあるのか、これも聞いてしまいましょう。同じく核心を突くような質問となるはずです。

 採用に失敗したことがあるという答えが返ってきたら、それをさらに掘り下げてみてください。どういった人を採用して失敗したのかを知ることができれば、それを自分と照らし合わせることができます。

 会社や面接官が求めている人材を掴むことができますし、これも会社のことをさらに深く知るための材料となってくれるでしょう。

社員のモチベーションの上げ方

 会社がどういった取り組みをしているのか、どういった環境で社員を働かせているのかもとても重要であり、面接の場で確認しておきたいこととなります。特に求人情報や企業のホームページなどで確認できないことを面接の場で聞いておきたいところです。

 その中の一つに、“社員のモチベーションの上げ方”があるのではないでしょうか。つまり、社員が効率よく仕事をするために何か教育・指導をしているのか、それに関連したプログラムがあるのかなどを確認しておくのです。

 就職者にとって教育プログラムというのはとても大切。特にモチベーションや気持ちを高めるための啓発的活動は会社の個性も出ますし、新社会人にとって必要なこととなるでしょう。

>>関連記事

  • 自己紹介の仕方は
  • 面接で逆質問は何を聞いたらいいか
  • 面接前に服装は大丈夫か
  • 面接後に送るお礼状のルールと、お礼状が必要である根拠
  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る